FC2ブログ

『Re:LieF ~親愛なるあなたへ~』 ネタバレ感想

日本語のタイトルでお願いします001
しかしまぁ、ちゃんと描いているのね。最近は規制が比較的緩くなってきているからか、
限界ぎりぎりまでモザイクをかけないようにしているのね。リアリティのある生々しい体と
二次元の顔立ちとのギャップはあるものの、かなりのエロさは保証ものだ。
ただ、せっかく彼女から「(わたしの)パンツ、脱がせてほしいな…」とか言われたのに、
その「戦利品」が画面に映っていないとか、どういうことか!


あなたは、20歳を超えた女の子が
制服を着て学校に通う姿に、
性的興奮を覚えますか?


これって、この作品をプレイする上で、割と重要なことだと思うんです。
一般的にエロゲにハマり込む条件の一つに、「共感」というものがあると思うんです。
その作品の持つ世界観、登場人物たちのキャラクター性、そして、美少女ゲーム
ならではの、「その子のことを好きになれるのか」そういった、共感できる環境が
あるのかが、その作品をどハマりするかどうかを決めるはずなのです。

なのに、

なんで、社会人経験のある人が、
再び制服を着て高校に通うの?


今日はキャバクラのコスプレデーですか?「ハロウィンはもう終わりましたよ」と、
誰か言ってやれなかったのか。厳しいなぁ、せめて大学生くらいまでの年齢設定に
できなかったのか。社会人がまた高校に通いなおすとか、凄い屈辱だと思うんですけど。

日本語のタイトルでお願いします005
ここから手コキすると思った?残念、乳首弄りだけでした。女の子が服を着ている状態で
男を弄り倒す、CFNM的には最高のシチュエーションなのですけど、なんでいきり立った
欲棒を握らないの?絵は最高にエロくて、十分我々武人の蛮用に耐えうるシコリティーなのに、
主人公は早漏で候気味だし、非常に惜しい。「シナリオゲーだからエロイッカイダケという
のは今時通用しない。(作中、いくらでもエッチシーンを入れるところはあったぞ!)


いや、もちろん、この学校はリハビリ施設ですから、社会で深刻なダメージを負った
若者たちにモラトリアムを与えて社会に復帰して、来るべきそれぞれの審判の日
(トライメント)を乗り越えさせる学校ですから。
でも、それなら制服を着させる必要あるんですかね。

どうしても、エロゲには制服がないとダメ!ということを考えるなら、『グリザイアの果実』
みたいに、高校生活で深刻な心にダメージを負った人たちの救済院でも十分通用
しました。別に車の運転とか、飲酒とかしなくても、箱庭空間の世界を狭くすれば車
いらないし、飲酒シーンを作中でもあったゲームとかに置き換えればよかった。

どうしても、社会人が制服を着て
学園生活をしているというのが
納得いかず、非常に共感しにくい。


20歳という、18歳が旬のエロゲではBBAである年齢に意味を持たせるなら、20歳の子に
会社のプレゼンをさせるとか、会社経験ゼロの人が描いたであろう無茶苦茶な設定ではなく、
何かしらの意味を持たせないと。

先ほど取り上げた、『グリザイアの果実』の周防 天音なら、食人をするような遭難事故で、
心のリハビリの結果、20歳超えているとかあったし、天音つながりで(ほんとエロゲでは
多い名前だね)、『この大空に、翼をひろげて』の望月 天音先輩なんてのも、友人の夢
だったグライダーを完成させることに執念を燃やしていたから留年を繰り返していたとか、
何らかの意味合いがあるのに、今作での何と意味のない設定なことか。

日本語のタイトルでお願いします026
11月6日現在の批評空間の点数なのですが、なんか凄いことになっているんですが。
確かに、感情移入しにくい個別ルートとか、伏線を消化しきれなかったりと、粗削りな
部分はありますけど、みんな旅立っていけたし、音楽の良さもあって最後は心地よい
感傷もあって良作認定したいけど、そこまでじゃない。


この社会人設定の時点で、せっかくの絵と音楽の良さを生かし切れずに死んでいく作品と思え、
しばらくゲームをプレイするのを中断していたのですが、日本一権威のあるErogameScape -
エロゲー批評空間-では思いのほか評価が高いじゃありませんか。
データ数が88もありながら、中央値88点、平均値85点と、今年最高のシナリオゲーだと思う、
『ISLAND』すらも超えているということで、どの辺が素晴らしいのかプレイしなおした次第です。

正直言って、批評空間の方は、
単発IDでの絶賛投稿が多く、
『キミトユメミシ』みたいに、
スタッフによる工作ではないかと。


ほんと、『キミトユメミシ』には騙されたからなぁ。別にクソゲーとかじゃないけど、
そこまで絶賛される内容でもなかったのに、何か評価しなくてはいけない流れが
あったのです。「民安 ともえが出ている作品は、『リトバス』以外凡ゲー」という
ジンクスが発揮されただけだったので、今回も一応警戒はしていたのですが…。

今作も陰謀論とは思いたくなくても、『Re:LieF』(レリーフでいいのかな。分かりやすい
読み方にしてくんないかな。)が、そこまで絶賛する作品とは思えなかったのです。
うん、でも真ルートであるアイちゃんルート後半からの怒涛のCG展開は美しくも凄かったし、

流麗に流れる桜の花びらと、
主人公らが奏でるピアノの音とかは
非常に良かった。


日本語のタイトルでお願いします021
物語の後半で何度も伝えてくる、何度傷ついても「試してみるんだ、もう一度」という
メッセージ性は強く伝わってくるのです。だからこそ、せっかくの音楽を有効利用して
くれれば、「ラストの演出だけで神ゲー」という評価もあっただろうに。どうせなら、
世界初のコンピューターが歌った曲、「Daisy Bell」をここでこそ流すべきだったろう。


でも、主人公、新田 司と、人工知能計画のアルファ版こと、ユウの奏でるピアノ曲が
一部のシーンだけで終わってしまい、

他のメンバーがその曲を聞いて
感傷に耽る中で、肝心のその曲が
流れないとか、演出面で致命的な
ミスを犯しているのです。


一気に物語の核心に引き込む重要なシーンで、
何で普通のBGMなんだか。微妙にフリーズバグも残っているみたいだし、
最初何かのバグかと思いましたよ。
そういった、細かい演出面での不足や、まさかの各ヒロインルートでエロ一回だけという、
驚きの塗りのエロさを全否定とか、まさかの爆発オチというドリフも大爆笑の投げっぷりが
大きく評価を落とすのです。

日本語のタイトルでお願いします027
いいでしょ、ほんとリアリティがシコリティーなのです(意味不明)。昨今のエロゲ界は、
クロシェット全盛と言いますか、乳袋万歳な風潮がありますが、真のエロはちっぱいに
あるはずです!奇乳より貴乳。全体的に腹回りがヤバいのが気になりますけど、
このちっぱいこそリアリティの証左でありましょう!!


今時珍しく、エロを捨ててシナリオに
全力投球というのは感心しますが、
せっかくのエロい塗りの生々しさが
生きてこなくて、泣けてきます。


個別ルートが、箒木 日向子ルートの「俺たちの戦いはこれからだ」とか、
大舘 流花ルートの、「ごめん、君を巻き込んで自爆する」とか、
海蔵 ももルートの「だって、この仮想空間の方が居心地いいんだもん」みたいな、
中途半端なシナリオにするのなら、エッチシーンを回想シーンのおまけ扱いにするの
ではなく、

なんでもOKな仮想空間なんだし、
個別はめちゃくちゃエロいラブ展開で
いいじゃん。意識高い系にするのは、
ラストの演出で十分だったよ。


日本語のタイトルでお願いします007
こちらのアイちゃんもたわわに実っていますな。(きっと桜の花びらも胸に乗るのだろう)
絵的には凡庸な気がしますけど、塗りの勝利でしょう。各社優秀な塗り師を抱え込むのは、
それだけ、美少女ゲームで塗りも重要な要素だからだろう。


「心に傷を負っても、立ち直って前に進むべし」的なメッセージは別段ありだと思うけど、
そこに至る過程に恋愛要素を感じないと、中々作品世界に浸れないのです。
だって、これはエロゲですから。真面目にやりたいのなら、『君の名は。』みたいな
一般作で勝負しないと。

色々際立った面があるのに、エロゲしていない時点で、年間エロゲランキングでは
後半位くらいのランキングかなぁ。エンターテイメントとしてなり切れていないのは、
非常に残念。同じSF的なデビュー作でも、ソラハネの『AQUA』とかは、デビュー作
にしてブランド最高傑作という名作でしたけど、

当作品は、良作ですけど、名作では
なかったなぁという感想です。


さて、一応ネタバレ感想と書いているので、
『Re:LieF ~親愛なるあなたへ~』のオーラス、アイルート(『月曜のたわわ』のアイ
ちゃんとは、惜しくも関係ない)の解説を簡単にイキましょうか。 

日本語のタイトルでお願いします010
最初、主人公の友人である佐藤 理人が、桃花染の皇姫並みに乱心したのかと
思いましたよ。自分の分身が出てきてしまい刺したと分かるまで時間がかかる
ようでは、まだまだ推敲の余地があったと思うよ。


さて、主人公らがいる、
この作品世界は仮想空間です。


ゲーム開始序盤で、トンネルを超えると無人の街並みが広がっていたりしますが、
主人公たち以外はAIの反乱によって閉鎖されているからです。
このゲーム開始から序盤まで、攻略ヒロインである日向子視点で展開するので、
非常に分かりにくい。「これって、乙女ゲー?」と何度思ったことか。

エロゲってプレイヤーが主人公なのです。主人公のみ声がないのは、
変なイメージがついてプレイヤー視点でなくなるからなのです。
なのに、ここのスタッフは、エッチシーンでも堂々と主人公の顔を入れるからなぁ。
何かを作りたい意欲はあっても、あまりエロゲ制作の経験がないと見ましたよ。

日本語のタイトルでお願いします020
AI、人工知能が、世界で初めて初音ミクした、「Daisy Bell」を海辺で歌い上げるとか、
こういった部分的な演出は神がかっていた。だからこそ、このシーンを本編の中で
うまく生かしてほしかったよ。尖った部分は今後の作品でブラッシュアップしてほしいね。


一般作での経験もないでしょう。作品世界の説明のへたくそさや、攻略ヒロインが置物
でしかなくなっているシナリオ構成とか、甘さを感じる部分が多すぎです。
多分、無名声優の起用とかからして、同人上がりのデビュー作と見ましたが、いかがでしょうか。

おっと、話が脱線した。

何で主人公が分裂したのかは全く書いてないので、不明ですけど、
(説明してくれよ。突拍子もなくて違和感ありまくりだったよ)
「この仮想空間で、安穏とした毎日を送りたい」という主人公の気持ちとは別に、

「こんなぬるま湯みたいな毎日ではなく、
早く現実世界に戻らないと」という、
もう一つの気持ちが別人格の主人公を
生み出してしまい、安穏派の主人公を刺して
しまったのでしょう。


日本語のタイトルでお願いします009
せっかく、この仮想空間で、こんな可愛いちっぱい少女とエッチし放題だったのに、
その楽園を追放されるとは、別人格の主人公も酷いことをする。
苛められてぼっちだった主人公の遊び相手だった、人工知能アルファことユウが、
何してもいいと言ってくれているのだから、それで十分ではないか…。


元々、主人公、新田 司は生まれつき
脳に障害があり、それもあって学校で
いじめの対象にされていた中で、
今度はトラックに跳ねられて生死の境を
彷徨っていたのでした。


そう、新田 司は社会人の経験もなく、ずっと病院のベッドに植物人間状態でいたのでした。
そんな彼を不憫に思い、主人公の母親であり、人工知能計画の推進者であった二上響子が、
仮想空間で主人公に学園生活を経験させて再び目覚めるときに支障がないように考えていた
のでした。

なので、このトライメント計画というのは、もちろんヒロインらの社会復帰のためでも
あるのですが、本質は、司リハビリ計画なのでした。(で、合っているよね)
ところが、怠け者の司くんは、だって女の子とエッチし放題だし、電気も水道も通って
いるのだから、このままでいいんじゃね?というのを、突き放す余計な奴がいたのでした。

この仮想空間の管理者であるユウが、
人間たちの意思に反して勝手に
自分のコピーを作り、アイという別人格の
人工知能を生み出していたのでした。


日本語のタイトルでお願いします017
多くのエロゲ作品が桜をテーマにした作品を生み出していますが、やはり満開の桜って
ホント美しいよね。塗りの美しさが生きていると思いますよ。良い部分は凄く良いのですよ。
名作ではないけど、良作としたいのは、こういった絵の良さもあるのです。それにしても、
髪の長いほうのユウは、まさかのリメイクが決まった『Angel Beats!』の天使そっくりだね。
(翼もカタハネだけど生えるし)


このアイちゃんが我々引きこもりにとって曲者でありまして、

「それらは来たるべき再出発のための休息なんだ。この鳥かごの扉は、
いつかは外へと開かなくっちゃいけないものなはずでしょう」


なんてことを言うわけです。

この作品のライターは、非常に回りくどい言い回しをしてきたり、
女の子なのに、それまでとは違う文語体で話していたりと、
一度書いた文章を見直していないのは気になりますが、
アイちゃん、ニートを辞めて出て行けと言うんですよ!

永遠に休息のままでいいと思うユウと、
外の世界に出なくてはいけないと思うアイと、
二つの人工知能がせめぎ合っていたのでした。


もっとも、ユウがアイを生み出したのも、いつかは主人公を外の世界に
旅立たせなくてはいけないと分かっていたのでしょう。
で、どういうわけか、主人公もアイの説得に負けてユウを捨てて心変わりしてしまい、

日本語のタイトルでお願いします018
あぁ、司の顔いらん。主人公の顔出しをしてしまうと、「他人の恋愛」になってしまうんですよ。
「俺が、この俺が画面の中の彼女とエッチしているんだぁぁぁ」という、せめてもの希望の芽を
摘まないでほしんだよな。これだからシナリオ重視の作品は…。


とりあえずアイを抱く。

ユウはどうしたの?今まで暇さえあれば体を重ねていたんじゃないの?
とかいう気も大いにしますが、このままだとアイとのエッチシーンがなくなりますからね。
(おまけシーンでは3Pもあるぞ)主人公が元の世界にご帰還することを決意した以上、
ユウを捨ててアイに行くのはやむを得ないのかな。

これで、普通の作品なら、ユウとの決別を印象的に書くのでしょうが、ここのスタッフは
恋愛描写を(歩)サラっと流してしまうのが好きだからなぁ。

あっさりユウからアイに乗り換えたところで、
謎の爆発オチで現実世界に復帰。
主人公の目も覚め、病院からも退院したのでした。


無論、この仮想空間の管理者であるユウの力もあってのことですけど、
流花ルートの時も思いましたけど、爆発しないとダメ?
爆発しても仮想空間は残り、ユウのアイも今まで通りいるんだし、
せっかくトンネルもあるんだし、抜け出せるだけじゃいけなかったのかなぁ。
数百人規模で被害があったみたいだし、ヒロインたちが怪我をするのは感心しないな。

日本語のタイトルでお願いします024
日本語のタイトルでお願いします023
別々である必要はなかった。思想の違った双子の姉妹でも和解したわけだし、
二人一緒に、「司の今後を応援いたします」でよかったと思うよ。とにかく、この作品、
視点が変わり過ぎなんだ。一気に読み進める上で邪魔な要因でしかない。


こうして、枯れない桜を見上げつつ、
人工知能たちは主人公らのことを想いつつ、
今度何事もなく主人公がアイに会いに来る
ということでエンディング。


まぁ、これで主人公と別離エンドとしてしまうと悲惨すぎるし、またいつでも会えると
した方が美少女ゲームとしてはありでしょう。
おかげで全然主人公が成長していない気がしますが、トライメント計画に参加した
ヒロインらと同窓会もするということで、順調に社会復帰しているといったところでしょうか。

なんか、絵と音楽の美しさで綺麗に終わった感じがしますが、実はいろいろと疑問は残りっぱなしなんだよね。
自分の読解力の不足もあるでしょうけど、

ここのスタッフは、もう一度自分の書き上げた
シナリオを誰かに読んでもらって、
推敲していった方が良いと思いますよ。
そうすれば、次回作は名作に迫れるかと。


別に、「傷ついた翼を休めたら前に進んで社会復帰」を軸にするのは良いんだ。
でも、「何でユウがカタハネなの?」とか、アイと合わせて二つの翼というのにしては、
あまりに陳腐すぎるし、そもそも「なんで公社に反発してアイを作ったのか」とか、
もう少しAI、人工知能たちの心情に迫っても良かったと思いますよ。


『Re:LieF~親愛なるあなたへ~』 OPムービー 「Re:TrymenT」
ワクワクする感じとか、オープニングとしては成功だ。細かい欠点はあるにしても、
全体的には大いに評価はします。ただ、何度も言うようですけど、エロの少なさと、
他のヒロインは蔑ろというのが、とても勿体ない。


次回作もシナリオ重視で全然いいのですけど、えっちシーンも濃いめでお願いします。
せっかく、これだけ肉肉しいエロい塗りがあるのですから、大いに使ってほしいです。

それはそうとして、昨今流行りのキャラクターの魅力だけで押す作品にはない、
光るものを感じました。いつかはキャラ萌えゲーブームも飽きられるでしょうし、
「やっぱり作品を締めるのはシナリオだよね」という日も来るのではないかと思えます。

だって、

これだけスマホでエロが氾濫して
いるのですから、フルプライスの
エロゲとしてはシナリオで勝負する
しかないでしょう。

もちろん、エロも含んでのことですけどね。
冒頭で前述しましたけど、批評空間で暫定一位になるほどではないと思います。
ですが、まだ荒い面はあれど、シナリオに合わせた音楽と演出力の良さは素晴らしい。
「試してみるんだ、もう一度」と言っているくらいで、次は来るブランドではないかと、
まだまだ才能は転がっているのだと、エロゲの未来も明るい、そんな気がするのです。


『Re:LieF~親愛なるあなたへ~』 EDムービー 「Re:TraumenD」
ムービーとかは非常に良く出来ています。やや短めのストーリーなのですけど、
このくらいに分量でも一定数の感動をくれるなら、それでもいいかなと。
とにかく印象的な絵が多くて、そういった点はすごく良かった。


それにしても、ミリャちゃんって何だったの?
絶対アイの人間Verと思っていたのだけど…。

コメントの投稿

非公開コメント

いつもわかりやすくて、良い記事を書いてらっしゃいますね^ ^
プロフィール

体はエロゲでできている

Author:体はエロゲでできている
血潮はロリで、心はヲタ
幾たびかの地雷を踏み超えて不敗
その体は、きっと無限のエロゲで出来ていた
I am the bone of my eroge.
Ota is my body, and lori is my blood.
I have created over a thousand kusoge.
My whole life was “unlimited hentai game”.

最新記事
最新コメント
時間を浪費した人々
キミだよ君!
現在の閲覧者数:
応援中!!
2017年5月26日発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2.1エスパル』に収録される『月に寄りそう乙女の作法0』を応援しています!ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中!姫様LOVEライフ!-もーっと!イチャイチャ☆ぱらだいす!-『おとれな』を応援中!laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!eufonie最新作「はにデビ! honey & devil」情報公開中!【ChronoBox】応援中『外道魔法少女りんね~悪淫悪化~』応援バナーANIM.teamMM「妻の肉穴にホームステイするマッチョ留学生」を応援中!「天結いキャッスルマイスター」応援中!『お嬢様は素直になれない』2017年6月23日発売予定!!『お兄ちゃん大好き!』応援バナーま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』ピュアソングガーデン 2017.6.30 Live Start!すぃ~と・はに~・ふぁみり~ 娘ト妻ニ甘イハ父ノ習ヒ『桜ひとひら恋もよう』応援中です!【ワガママハイスペックOC】応援中!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゲーム
39位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR